HOME横濱コラム > 老舗三代目の豊かな発想と実践

2014.06.18

老舗三代目の豊かな発想と実践

Yokohama Luxuryの運営会社、ケン・コーポレーションと取引をしていただいている鐘さんは1961年創業の老舗、廣東飯店の3代目。16年間銀行員として世界を飛び回って生活してた経験と見識を発想の源として6年前に受け継いだ広東料理の伝統の味を守り続けてきた店で豊かな発想と挑戦を実施。600店舗がひしくめ中華街のなかで魅力にあふれ、心地よく過ごせるお店を展開しています。その視点と挑戦にについてお話を伺ってきました。

新しい挑戦をし続けることが中華街の発展に

広東料理 廣東飯店 鐘さん
広東料理 廣東飯店 鐘さん

私は6年前に父の店である廣東飯店を継ごうと決意し、生まれ育った横浜中華街に戻ってきました。店長である親父が80歳のときです。
それまでは外資銀行で16年間バンカーとして働き、最後の6年はシンガポールに滞在していて中華料理とはまるで接点のない生活でした。
1961年創業の老舗店ですから、ずっと受け継がれてきた広東料理の味を大切に守っていくことはお店を始めた祖父のためにもとても重要なことです。しかし守りながらも新しい挑戦を続けていかなければ約600ものお店舗がひしめき合う中華街で存在感を示すことはできません。

ほかの食文化に間近に触れることが重要

鮑と干し貝柱の蒸し餃子、五目水晶餃子、特製ふかひれの姿煮、豚バラ肉のやわらか煮、特製盛り合わせ
鮑と干し貝柱の蒸し餃子、五目水晶餃子、特製ふかひれ
の姿煮、豚バラ肉のやわらか煮、特製盛り合わせ

そこで広東料理と和食、フレンチ、イタリアンと、まったく食文化の違う国とのコラボレーションを企画し、実際に期間限定のメニューとしてお客さまに提供するなど、新しい試みにも積極的にチャレンジしています。かつおだしを使ったふかひれの姿煮やバルサミコ酢を使った酢豚など、新たなレシピを模索するのは刺激的でおもしろいです。ほかの食文化に間近に触れることでお店のメニュー開発にヒントを得ることもあります。
ほかにも週末限定でワゴン販売を行い、北京ダックをその場で切って販売するというイベントを実施していますし、お店の垣根を越えた取り組みとしては毎年11月には中華街の街づくり組合「横浜中華街発展会協同組合」に参加している315店舗のみなさんと協力して、中華のフードフェスティバルを開催しています。
メニューは香港出身のシェフと日本人シェフが手掛けていて、広東料理特有の調味料を使った伝統の味を大切にしつつもお客さまの好みに合わせて少しずつアレンジを加えています。
今夏は中華風カレーが熱いと、今カレーが注目されていますので、中華鶏ガラスープで作るカレーを香港シェフと日本人シェフで開発してもらい、カレー対決しても面白いかなと企画しています。野菜は国産のものを取り寄せており、この地にあった食材を使うことにはこだわってきました。

スタッフの声こそが本質をついている

廣東飯店
廣東飯店

お客さまが来て心地よく過ごせるお店づくりのためスタッフの育成にも力を入れています。自分自身が長く「雇われる身」で仕事をしていましたので、社員ひとりひとりがモチベーション高く働けることが会社全体にとってどれほど重要なものか、痛いほど感じてきました。
お客さまと直接接するスタッフの声こそが大切ですし、本質をついていることもあります。風通しよく意見が言いやすいよう私自身もスタッフとのコミュニケーションを増やし、お客さまが当店でご飯を食べながら「気持ちのよいスタッフが多いな」と思っていただける場を目指しています。
おいしい料理をお出しすることは飲食店として大前提です。そのうえでユニークなメニューを提供できたり、ついつい長居してしまう心地よさを感じていただいたりと、プラスアルファの食事経験をすべてのお客さまに持ち帰ってもらいたいと思っています。

お店情報

お電話
広東料理 廣東飯店
045-681-7676
営業時間:11:00~22:00 (ラストオーダー21:30)
定休日:無
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町 144
JR根岸線石川町駅北口 徒歩5分
JR根岸線関内駅 徒歩10分
廣東飯店WEBサイト

点心品評会で金賞、銀賞をとった「鮑と干し貝柱の蒸し餃子」と「五目水晶餃子」(ともに3個 600円)。
特製ふかひれの姿煮(1枚 4000円)、豚バラ肉のやわらか煮(小2400円)、特製盛り合わせ(小3500円)。ボリュームいっぱいながらあっさりとした味付けなので食べやすい。豚バラ肉のやわらかさは絶妙。ぜひ注文したい一皿。

2014年6月現在

ケン・コーポレーションとの付き合いは4年以上。個人で購入した一軒家を貸しに出したいと思い、ケンコーポレーションとの付き合いが始まった。「借り手が安心できるよう、メンテナンス方法を指導して頂いたりと、頼りにしています。」

1961年創業から広東料理の伝統の味を守り続けてきた横浜中華街・廣東飯店。6年前にお店を引き継いだ3代目・鐘さんは16年間銀行員として世界を飛び回って生活してきました。
今では所有している戸建ての管理をケン・コーポレーションへ委託しており、貴重な資産である不動産の運用を全面的にサポートされていることで長期的な関係を築いています。

大切な資産なので安心して管理を任せたい

広東料理 廣東飯店 鐘さん
広東料理 廣東飯店 鐘さん

個人で購入した一軒家を貸しに出したいと思い、そこからケン・コーポレーションさんとの付き合いが始まり、もう4年以上になります。
高級物件を扱う不動産会社さんとして、銀行員時代のマネジメントクラスの社員たちが利用しており評判が良かったんです。
日本国内の人や海外の人の富裕層を中心とした幅広いネットワークを活かしてもらい、また紹介頂ける客層もいいということで物件の管理も丁寧にしていただけるのではないかと期待してお願いしました。
やはり大切な資産であるので借り手が安心できるよう物件保持、メンテナンス方法を指導してもらうなど何かと頼りにしています。

Page Top ↑

Copyright © Ken Corporation Ltd,. All Rights Reserved