HOME横濱コラム > みなとみらいで充実の暮らしが実現。ザ・タワー横浜北仲の魅力とは

2017.11.2

Vol.44 みなとみらいで充実の暮らしが実現。ザ・タワー横浜北仲の魅力とは

ザ・タワー横浜北仲 (仮称)北仲計画 カヤック乗り場から現地

(仮称)北仲計画 カヤック乗り場から現地

魅力に富んだ街並みと高い利便性を備えた環境は、充実した生活には欠かせない重要な特徴です。2020年、これらの要素を備えた横浜・みなとみらい地区と、山下・関内地区に結節点に位置する北仲通地区に、生活を美しく彩るタワーマンション「ザ・タワー横浜北仲」が誕生します。横浜を代表する多くの施設や名所が徒歩圏内という立地もさることながら、このタワーマンションは住宅と宿泊施設、文化施設、商業施設などが一体となった「Mixed-use」の街を創造し、暮らしやすさの面でも充実が図られています。みなとみらい線やJR線へのアクセスも良く、快適な生活が実現可能であり、数多くの特徴を備えたザ・タワー横浜北仲は横浜で素敵な日々を送りたいと考えているすべての人に注目して頂きたい物件です。まずはその魅力を通して美しい将来のビジョンを描いてみてはいかがでしょうか。

エリア最高峰の高さと充実の施設、多彩な魅力を備えた「ザ・タワー横浜北仲」

ザ・タワー横浜北仲 西側角低層部

(仮称)北仲計画 西側角低層部

ザ・タワー横浜北仲はエリアで最高峰の高さを持つ58階建ての高層マンションです。関内地区の建築物は、港や山手からの眺望と地区の街並みの景観保存を目的とした「関内地区都市景観形成ガイドライン」が定められており、また当エリアは高度地区(第7種)により高さが31mまで規制されています。しかしザ・タワー横浜北仲が建設できた背景には、歴史的な景観の保全に寄与し、港および内陸部のパブリックスペースを確保することで建築高さの緩和規制を実現させ、58階の高さを誇る高層マンションの建設が可能となったのです。
最上階のスカイテラスでは、みなとみらい~山下、関内方面の特別な眺望を楽しむことができます。さらに25階のビューラウンジでも、ソファにもたれながらゆったりと横浜の景色を楽しむことができます。
部屋の間取りは2LDKと3LDKを基本に85ものタイプが用意され、部屋の数やクローゼットの広さ、カウンター付きシステムキッチンなど、希望する生活スタイルに応じて間取りのタイプが選択できます。またパブリックスペースも充実されており、色々な形で生活が楽しめるのもザ・タワー横浜北仲の魅力です。例えば来客向けのスペースにはゲストルームの「翠」、「和」とゲストスイート「Ocean」が用意され、それぞれ用途に合わせたおもてなしが可能です。親しい人たちと素敵なひとときを過ごしたい時には、目的に応じてマルチアトリエやパーティーダイニングといった施設が利用可能。他にも集中して勉強ができるスタディルームやフィットネスルームなど、暮らす人の多様なニーズに対応した造りとなっています。このように配慮の行き届いたパブリックスペースは入居者の生活の質も向上するのです。

ザ・タワー横浜北仲 (仮称)北仲計画 歴史広場

(仮称)北仲計画 歴史広場

生活を高めてくれる要素はこれら充実した共用施設だけではありません。ザ・タワー横浜北仲があるエリアには、駅をはじめ住宅、文化施設、商業施設、宿泊施設などが一体となった「Mixed-use」の街を目指しています。エリア内にはみなとみらい線「馬車道駅」の出入り口や開放的なマリンデッキ、文化施設などが計画されているほか、ザ・タワー横浜北仲の低層部および連接した部分では、スーパーマーケットやカフェ・レストランなどの店舗の充実も図られます。また、エリア内に日常生活で必要な施設が備わっているだけでなく、みなとみらい線の駅が近いことで元町・中華街方面や横浜・渋谷・埼玉方面へのアクセスも容易であり、生活圏を大幅に拡大できます。
高層タワー型マンションが抱える不安要素の一つである地震に対しても十分な対策がされています。ザ・タワー横浜北仲はハニカムダンパによる制震構造が採用され、地震エネルギーに耐えるのではなく吸収することで従来構造に比べて上層階の揺れが軽減され、震度5以上の大きな地震に見舞われた時の不安に備えています。
このように、ザ・タワー横浜北仲は居住性の良さと環境の充実、災害への備えといった快適な生活に必要な多彩な魅力を十分に備えているのです。

新しさと歴史の豊かさを両立した北仲地区、充実した横浜の暮らしが日常に。

ザ・タワー横浜北仲 (仮称)北仲計画 駅前広場

(仮称)北仲計画 駅前広場

ザ・タワー横浜北仲がある北仲通北再開発等促進地区は、みなとみらい21地区と山下・関内地区の中間に位置しています。よく知られているように、みなとみらい21はランドマークタワーやよこはまコスモワールド、Queen’s Square YOKOHAMAなど、レジャーやショッピングが楽しめる施設が充実しています。さらにはMARK IS みなとみらいやカップヌードルミュージアムなど、近年に入って注目度の高い施設がオープンしているのも特徴で、2019年には新港地区の客船ターミナルに食をテーマにした商業施設と高級ホテル、CIQ(税関・出入国審査・検疫)が一体となった複合施設が新たにオープンする予定です。
現時点で高い魅力を備えているのはもちろんのこと、これからの変化も非常に楽しみなエリアです。一方で山下・関内地区は「横浜三塔(キング・クイーン・ジャック)」とも称されるクラシックな美しさを備えた建造物に象徴されるように長い歴史をほこる港町の雰囲気を色濃く残しています。少し足を伸ばした先には山下公園や横浜マリンタワー、中華街などがあり、有名な観光地を日常的な散策スポットとして満喫が可能。
これら2つのエリアの間にあるザ・タワー横浜北仲は、「新しさ」と「歴史の豊かさ」という横浜の2つの魅力を両立して楽しめる絶好のエリアにあると言えるでしょう。また、周辺には前の章で紹介したマリンデッキや歴史広場といったスペースもあるので、近隣でもお子様と遊んだり、ゆったりとお散歩が楽しめます。

ザ・タワー横浜北仲 (仮称)北仲計画 馬車道駅断面

(仮称)北仲計画 馬車道駅断面

ザ・タワー横浜北仲の環境は利便性においても充実しています。当マンションがあるエリアはみなとみらい線の馬車道駅に直結しており、すぐ近くに駅の出入り口が設置。JR線の桜木町駅からも近いため、電車通勤や休日のお出かけもとても便利です。さらに2020年の6月にはザ・タワー横浜北仲があるエリアから道路を1本はさんだ場所に横浜市の新市庁舎が完成する予定となっており、届出や手続き、相談が必要になった時でもすぐにアクセスが可能となり、公的機関での時間も軽減できるのです。
周辺環境の充実と利便性の高さに富んだ魅力の高いマンションであることがお分かりいただけたかと思います。こうした数多くの特徴もまた、最高峰のライフスタイルの実現には欠かせない非常に大切な要素なのです。

ザ・タワー横浜北仲 (仮称)北仲計画 歴史広場

(仮称)北仲計画 歴史広場

ザ・タワー横浜北仲では長い歴史を湛えた横浜の街並みを楽しむことや、今後変化を続ける横浜の姿を最上級のロケーションから眺めることが可能です。こうした魅力を日々実感しながら、多くの人が憧れる街で時を刻む生活がこのマンションへの入居によって実現ができるのです。自分自身はもちろんのこと、横浜で大切な人と一緒に充実した時間を過ごしたいと考えている方は、是非とも2020年に完成を迎えるザ・タワー横浜北仲に期待し、今後の情報に注目してください。

取材協力・画像提供 三井不動産レジデンシャル株式会社

Page Top ↑

横浜・みなとみらい・湘南の高級不動産

YOKOHAMA Luxuryは株式会社ケン・コーポレーション 横浜支店が運営しております。 | 個人情報の保護方針

株式会社ケン・コーポレーション

Copyright KEN Corporation Ltd,. All Rights Reserved